副業ブームで何をしたらいいか悩んだらコレ!サイレントワーカー(Silent Worker)で稼ごう!

サイレントワーカー(Silent Worker)を購入して時間を節約して稼ぐ
こんにちは。
みなさんは「サイレントワーカー(Silent Worker)」というものをご存知でしょうか?

 

インターネットの普及した現代社会では「情報は無料」に近い
状態になっていますが、サイレントワーカー(Silent Worker)というのは「有料」です。
もっと付加価値のたかい情報を有料にして販売するのです。

ということは「サイレントワーカー(Silent Worker)で手に入れる情報は非常に効率的な情報」
なのかもしれません。

今回はこのサイレントワーカー(Silent Worker)についてまとめます。

サイレントワーカー(Silent Worker)を買って自分の時間を有益な時間にしませんか?

【無料の情報は誰でも知っている】
ネットで検索すれば何でも分かる今の時代。
ネットに溢れている無料コンテンツの内容は基本的に「誰でも知っている内容」
です。つまり、価値の低いことが殆どだという事です。

全くの無価値ではありませんが、有料の物と比べると価値は格段に
下がります。

ウサギが何を食べるのか?なんてことは誰でも知っている事実です。
それと同じように無料で得られる情報には限度があるのです。
【サイレントワーカー(Silent Worker)を買うという事はその人の時間を買っている】
サイレントワーカー(Silent Worker)を買って自分の物にするという事はどういうことでしょうか?
その人にしか体験できていない事実をお金を出して買っているということ
ですので、「体験した有益な事実」を買っているのと同じことです。

つまり、その人の時間を買っているという事なのですね。

自分で全ての事を体験しようとすると膨大な時間とお金がかかります。
しかし、サイレントワーカー(Silent Worker)の中にはその全てが詰まっているのです。

自分で体験しようとするより「安く買える」のかもしれません。

さらには、「時間」です。
自分の人生の時間というのは決まっています。
1日が24時間以上ある人はこの世にはいません。
自分で全ての事を体験することは時間的な理由からも不可能です。
しかし、サイレントワーカー(Silent Worker)というのはその時間の壁を壊してくれます。

その人の有益な体験談をお金を出して買うことが出来るのです。
昔から「タダほど怖い物は無い」といいますがやはりサイレントワーカー(Silent Worker)の
ようにお金を出して買う情報は怖くありません。
時間を買う事で自分の時間を有益に使えるようにもなります。

【まとめ】
いかがでしたでしょうか?
サイレントワーカー(Silent Worker)というのは非常に効率的な物です。
今の時代、物の価値はかなり下がっていますが、情報の価値は
上がる一方です。
人より有益な情報を得て勝ち組になるためにも
サイレントワーカー(Silent Worker)を買う事をおすすめします。
あなたの人生を有益に使う為にもサイレントワーカー(Silent Worker)は有効なものです。

 

 

仮想通貨と先物取引はどう違うか

仮想通貨による取引は、先物と似ている一面があります。どちらも簡単に売りから入ることができる上に、WEBで取引する事も可能です。ですが仮想通貨の場合は、限月などのシステムはありません。また先物の場合、リアルタイムに送金する事はできません。

先物と仮想通貨の主な共通点

仮想通貨と先物は、どちらも空売り自体は可能なのです。売りから入ることはできるので、たとえ価格が下がった時でもお金を稼ぐ事はできます。
不動産投資などは、そうではありません。そもそも家賃収入でお金を稼ぐようなシステムなので、空売りできないのです。ですから不動産価格が下がってしまえば、損失が生じてしまう事はあります。その点仮想通貨は、たとえレートが下がった時でも利益が生じます。
それと仮想通貨は、WEBで簡単に取引できるのです。指定のIDやパスワードなどでログインして、専用システムで取引していく事になります。それは先物取引も同じなのです。

先物のような限月は無い

ところで先物取引には、限月というシステムがあります。ある程度日数が経過しますと、自動的に決済されてしまうのです。
このため先物取引の場合は、長期的に建玉などを保有し続けることはできません。大体1ヶ月ぐらい経過すると、ほぼ強制的に決済されてしまいますから、長期売買には向かない一面があるのです。
それに対して仮想通貨の場合、特に限月が決められている訳ではありません。短期でも長期でも構わないのです。ただ仮想通貨も、あまり長期的に玉を保有し続けるのは、リスクが大きくなってしまう一面があります。状況に応じて、早めに決済してみる方が良いでしょう。その際、先物のような限月は無いのです。

スピーディーに送金できる仮想通貨

それと仮想通貨の場合は、誰かに対して送金できる機能が備わっています。いわゆる銀行振り込みのような機能ですが、通常の銀行振り込みよりは遥かに手数料が安いです。しかも銀行振り込みのように時間がかかってしまう訳ではありません。指定の操作を行えば、直ちに送金する事ができます。
ちなみに、仮想通貨なら海外に対して送る事もできます。国内だけではありません。銀行の海外送金というサービスを活用するよりは、遥かにスピーディーです。
それに対して先物の場合は、どこかに対して送金できる機能はありません。原則として投資目的で活用される商品になり、お金を送る事はできないのです。その点仮想通貨は手軽に送金できるので、とても便利です。